主婦ができる節約術・アンケートモニターやメール受信で副業などを紹介します。
Home> 食費はこうして減らそう > ・上手に食材を保存して食費を節約
 
上手に食材を保存して食費を節約
 
 
せっかく底値で食材を買っても、腐らせてしまっては元も子もありません。

食材は上手に保存したいもの。知ってて損はない食材の保存法を紹介します。

・野菜は立てて保存 … 野菜の鮮度を保つには、畑で生えていた時と同じ状態で保存するとよいのです。ほうれんそう、しゅんぎく、アスパラ、ねぎ、スイートコーンなどの上を向いて育った野菜は、冷蔵庫に入れるときも立てて保存すると長持ちします。

・野菜は野菜保存袋に入れて保存 … 野菜保存袋を使うとラップに包んで保存するより2倍も長持ちします。これは、植物の成熟促進ホルモンで、傷みの原因でもあるエチレンガスを防げるからです。青菜類は水分が必要なので濡らした紙に包んで保存袋に入れましょう。

・たまねぎの保存法 … たまねぎが入っているネットのまま、涼しく、風通しのいいところに吊します。ビニール袋に入れると呼吸が出来なくなってしまうので、NG。夏場は傷みがはやいので、野菜室で保存します。

・魚の保存法 … 水気を切って吸水シートにくるみ、更に冷凍パックに入れて冷凍保存すれば長持ちします。

・肉の保存法 … 空気に触れると傷みやすいので、空気が入らないようきっちりラップで包み、更に冷凍パックに入れて冷凍すると鮮度が保てます。

卵の保存方法 … 卵の丸い方には「気室」という空気が入った部分があり、殻の穴を通して呼吸しています。そのため保存するときは卵のとがった方を下に向けて置くようにしましょう。丸い方を下にすると、呼吸がしにくくなります。